スキップしてメイン コンテンツに移動

心もとない仲間

今朝は遅めの起床。
寝すぎた訳ではなく、昨日に起き過ぎたが故です。

今日は打ち合わせ三昧だった、昼、夕方、日の入り、宵の口、夜、と5つのミーティングを終わらせてこのブログを書いている今はTen to two,,,2時前10分である。
代官山のうちの店のアート部門と、飲食部門のてこ入れをするために、現在は様々な人と話しをしたい時期の僕はどこにでも足を運ぶ。

久しぶりに会う人、常に会っている人、またネット上で頻繁に情報交換はしているが実際にはあまり会っていない人、それぞれの関係は違えど、言う事はやはり似ている。
言う事とは、僕が聞く事へのリアクションである。

やはり人間は、ある意味一つにつながっていると言えるのではないか、、、、
そして、大きな河の流れに逆らえない様に、産まれてきた人が死んで行く様に、時間の流れには人は逆らえないのではなかろうかという事にたどり着く。

今日も坂口恭平さんの著書を読んでいる。
「創造の定義」という項目があって、そこにはこう記されている。

「人生はやりなおしがきなないと僕はおもう」

ぼくもどちらかというと同じ考え方だ。
過ぎて行った事実は帰る事は出来ない。
今を親権に生きる事が出来ない。
同じ事でも、10年前にやる事と、今やる事では、まったく価値も意味も違ってくる。

つまり今は一つしかないということ、その今出来る事は一つしかないということ。
やり直し」という意味で言うと、また別の時間軸で同じ内容を行う事は可能だけど、
それでは既に時間軸が違ってきている。

みんなもわかると思うけど、
”今”なにかをする事と、みんなが”30年後”に何かをする事では、
その何かが何であろうとも、決して同じではない。

今何をするかは、自分にとって大きな意味を持つ。

逃げたいやつは逃げて、歩きたいやつは歩いて進めばそれで良い。

この話しは僕の好きな五木寛之さんの”大河の一滴”にもつうずること。
気になる人は是非読んでもらいたいです。


このブログの人気の投稿

TRIPPPLE NIPPPLES / トリプルニップルズ LIVE SHOW !!!

先日トリプルニップルズのジョーから届いたビデオです。
六本木でのショーや、オーストラリアでのライブを、細かく編集している短めのPV。 出来は上々です。
まだまだ日本では知られてませんが、海外からも声がかかる程、ライブパフォーマンスは魅力的です。
機会があればショーを見に行って下さい。(わかる範囲で告知します!)
トリプルニップルズ http://www.myspace.com/trippplenippples

y.

トマス・エジソン

心なしか気持ちがよい・・
トマス・エジソンの言葉を聞きながら
I have not failed. I've just found 10,000 ways that won't work.
自分もそんな気がする今日このごろ。




先週末は近所で大きな太鼓が転がり、
Las Chicasにお世話になり、日曜日を読書とコーヒーとキックボクシングで過ごし、さすらいで半分だけレッドアイを飲んで終了・・・。

一緒に飲んだ3人は元ノルドのスタッフ、そのうち二人はHOLA!CADONO
一人はバワリー
・・・そしてもう一人の須賀氏は猛烈気分が悪くなったところで会はおひらき!

体には十分注意しましょう。
(須賀氏は大丈夫かな?)


.......感謝
y.

夢七訓

夢七訓
一つ、夢なき者は 理想なし
二つ、理想なき者は 信念なし
三つ、信念なき者は 計画なし
四つ、計画なき者は 実行なし
五つ、実行なき者は 成果なし
六つ、成果なき者は 幸福なし
七つ、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。