スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2013の投稿を表示しています

天皇誕生日

天皇誕生日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号) 第2条によれば、「天皇の誕生日を祝う。」ことを趣旨としている。 今上天皇誕生日を祝う日である。 天皇誕生日は、慣例により日本の国家の日とされる。 1948年(昭和23年)までは、天長節(てんちょうせつ)と呼ばれていた。 天皇誕生日の日付は、平成元年(1989年)からは12月23日である。 天皇誕生日に関して以下の行事を行う。 宮中では、祝賀の儀、宴会の儀、茶会の儀、一般参賀が行なわれる。伊勢神宮などの神社では天長祭が行なわれる。海外の日本大使館等の在外公館ではナショナルデーとしてレセプションが行なわれる(当日ではない)。



日本の様子 http://www.kunaicho.go.jp/event/sanga/sanga02.html


海外のレセプションの様子 在スラバヤ日本領事館 http://www.id.emb-japan.go.jp/cons/srby/tayori56.html
香港での様子 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000077-minkei-cn


冬至でございます。

冬至(とうじ)は、二十四節気の第22。一年で最も昼が短い。十一月中(旧暦11月内)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が270のときで12月22日ごろ。恒気法は節気を冬至からの経過日数で定義するが、基点となる冬至は定気と同じ定義である。定気と恒気で一致する唯一の節気である。ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とし、日のほうは冬至日(とうじび)と呼ぶ。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小寒前日までである。 西洋占星術は、冬至を磨羯宮やぎ座)の始まりとする。 ↑WIKIより
↑グーグル