スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2012の投稿を表示しています

マーガレット・サッチャー 権力について

権力をもつことは、レディである事とにている。
自分からそうだと知らせなければならないなら、本物ではないのだ。

マーガレット・サッチャー



 うん、一理ありますね。
女性に本物やニセモノがあるとはおもわないけど、
権力とと言うものに似たものは、ニセモノがあるのではないかと感じます。


世界を動かした21の演説――あなたにとって「正しいこと」とは何か

ある無名の導師の言葉

謙虚とは、ほんとうの自分を知り、自分の限界を知る事にすぎない。
自分そのものを知っている人は、真に謙虚であるだろう。

 以上。 

謙虚ってことは、自分を下に下に下げへつらう事ではなく、
周りの環境を考えて自分の立場を上手にとる事でもなく、
嘘がないって事なのか。
この本にも"偽りの仮面を取り去る事"とかいてます。 
しっかり、自分を見定める事て本物の自分、
つまり謙虚な自分に近づきたいと思います。

日記)新月の日に心地よい一日

本日は一日事務所作業。
午前中から日没近くまで、こもりっぱなし。
外まわりの多い僕にはあまりない事なのですが、氣がつくとメールや書類の作成で、
時間が過ぎていました。このすっと過ぎる時間を体感した後はどことなく達成感が有り、
走り終えた感が心地よく感じます。

さてと、腰を上げ、次の仕場所へ移動するために、外に出る、、、
すると、またこれが素敵な空模様、昨夜の台風はどこへやら。
僕は宮崎で生まれ育ちましたが、その頃に感じた夏の訪れを感じさせる空模様に、
ぐっと心をひきつけられました。
こちらがその写真→http://instagr.am/p/MF0NNiJQJq/

その後は代官山Mで展示会のプレ打ち上げを開いてくれる愛おしい人のために、
あれやこれやとセッティングして、M Barのマネージャーと打ち合わせをして、
さて本番へ。
あれよあれよと無事に会合も終了。
三本締めまでして心地よい時間にくぎりをつけました。

無事に自宅に帰り、今後のプロジェクトのために、読書を開始、
一度、日記をつけてない事に氣づき、そそくさと日記をつけて読書に戻ります。

新月の日にして、この心地よい時間の過ごし方。
これは今月も良い一ヶ月となりそうな予感です。



日記)リフレッシュ

本日は変化の日
髪を切りに行って、新しくなり。
大人ツタヤへ行き、おもしろい本とであって、読みふけり、新しくなる。
その後自分のお店へ行って、内装の整備&掃除をし、新しくなる。

最後に、中目黒で餃子を食べて、変化を加え、自宅で読書をする前に、風呂につかる。

毎日が同じなんて、馬鹿な。
毎日が新しい。

Beat it.



日記)寝坊したのです。

舞台監督の先輩から仕事をもらい、六本木へ。 ファッションショーの制作をするのです。 現場が早朝仕込みなので、朝5時入りにもかかわらず、別の案件のイベント会場の下見が終わったのが1時。 その後に一軒挨拶に行き友人にたらふく飲まされ、帰宅するともう3時。 リフレッシュのためにシャワーと掃除をして4時。 さて出かけようかと思いつつも、少しだけ少しだけっと自分に言いながら布団でスヤスヤ、、、 もちろん起きたら5時すぎてます。 飛び起き、向かっても、40分の遅刻。 いやはや同じスタッフさんにも監督さんにも迷惑がかかった朝でした。 しかしながら、ファッションショーの舞台裏での仕事は、いくつかやってますが、 やはり楽しいですね。 明日はMイベントスペースでのお仕事。さて明日も楽しみだ。

日記)さあ週末へ

今日は少し早めに起きていつも授業をうけに三茶へ。
午後からは自宅作業をし、その後代官山のお店へ行きクラフトワークを少々。
Mのアートをストックするための棚等を製作中。
夜はミーティングが3件あり、その後早朝からイベント制作のお仕事で六本木へ。
今夜からスタートし日曜の夜まで、週末が仕事で忙しいのは、よくある事なので楽しみながら週末を過ごしてゆく心積もりで、タイピングを終了しようと思う。

そうそう、Mでアートの展示会を企画してる途中だった。
それも組み立てよう。わくわく。

日記)過去の尊敬できる人の言葉を読んでみた。

今日は本棚(いずれは書庫でも持ちたい。)からいくつかの本を引っ張りだし、
むさぼった。過去の僕の尊敬する人々は正直な意見を与えてくれた。
「人生は1度きり」
「生まれたからには死ぬ、そして死ぬまで生きる」
「転んでも起き上がれば良い、何度でも」
「失敗を恐れて、何かが出来ると思っているのかい?」
「ものごとはやってみないとわからない。」
「自分を信じることが大事」
「天上天下唯我独尊」 「なせばなる なさねばならぬ なにごとも ならぬはひとの なさぬなりけり」

「身にしみるな〜」っとひとりごちました。


今日は会社でのミーティング。
僕の所属する会社は、小さな会社だ。
一進一退でなんとか成長している会社。
始めた当初から、友人同士が上下関係無しに所属している。
会社としてはこんな事はあり得ない状態なので、もちろんバランスは崩れるわけだ。

1年目は変なバランスのまま過ぎて行き、3年目に1度大きくバランスを崩す、そして5年目の今、再度その様な感覚。
毎回乗り越えてきたので、僕は今回も良い形に変化する過程だと考えてる。
きっと良い形へと進化しているのだ。

そう、無用な心配はせずに、やるべき事を精一杯やる。
それが一番自分にとっては良い事なのだ。



また今年も半ばを過ぎてきて、また一つの山場を迎えていると感じる今日この頃です。




日記)寒い日

今日は寒い。6月も中旬だと言うのに、寒い。
Tシャツにスーツをあわせて、今日もスクーターで都内をかけまわっていましたが、
どうも、寒い。
代官山のお店や渋谷VISIONへいきましたが、どうにも寒くて、今日は早めに自宅へ。
夜に電話しているとその友人に「米くん、また鼻声だよ。」などと言われてしまう。
6月は忙しくしたいので、万全の体調で過ごしたい。
今日は頭が疲れたので、三谷幸喜さんの作品を鑑賞し、五木寛之さんの著書を読みふける。


日記)梅雨の夜

今日は雨が降っているので、基本的に外を出歩きたくはない。
しかし、それなりの予定があるので、出来る範囲で行動する。 広尾へ行き、青山へ行き、代官山へ行く。 仕事を休んでも、人間を休む事は出来ないので、自分の信念に沿って行動する。 午前中はゆっくり、午後もゆっくり自由に、夜も同じく。
昨日は寝坊をしたな。 英語のレッスンを去年の秋から開始して、最近も続いている。 特に最近になってから、早朝に時間を変更して、その能率を上げてると感じてる。 その後、お世話になっている業者さんとのミーティングをおこなうも、どうにも話しがまとまらない。 夜はWEBをお願いしている友人と会食、こちらは楽しい時間を過ごせた。

今日の様な、しずかな雨の夜は読書がはかどる。 もう少し進めよう。

日記)Good Day Today

ランチミーティングをおわらせ、イベントの設営へ。
建て込み、整備がおわり、リハーサル。
音が大きすぎて、店内のビールグラスが10個ばかり割れた。
しかし、PAのソウさんのおかげで無事にイベントはスタート、
順調に終焉までたどり着き、主催のHajimeくんもうれしそうだった。

途中、代官山Mをぬけて、恵比寿の知り合いのバーへ挨拶に。
そこのスタッフさんの卒業式。
おつかれさまでした。

今日は終電で帰宅。
今日誕生日だった和宏さんにおめでとうを言うには遅くなったし、
また改めて明日にでも電話しよう。
久しぶりの終電は、いい感じ。
同じ電車に乗っている人たちは、どんな人なんだろうか。
なにに興味があって、どこに向かうのだろうか?
同じ時代を生きている人たちは、今を楽しんでいるのだろうか?



たまたまつけたiTunesの曲は、David Lynchの"Good Day Today"
他の人はどうなのか知らない。でも今の僕にとって、今日はとても良い日だ。
自分が楽しいときは、周りの人の顔も楽しく見える。
Good Day Today
似た言葉を

日記)昨日は都立図書館へ

「あ、雨が降っている、今日の予定は延期して、明日晴れたら行おう。」
そうはいかないのが、現代の経済社会。
予定どおり交通機関は運行され、国会は開会する。
雨が降る日でも、予定された物は、予定された通りに動いて行く。
昨日もそんな日だった。

午前中はゆっくりして、午後もゆっくりと過ごす。
こんな雨の日でも、やはり予定されたファッションショーは開催されるので、
夕方には渋谷までいくのである。

その前に、都立図書館へ。


僕は最近素養の無いものでも、興味がわいたら、行動する様にしている。
先週から始めているのが美術や芸術へ取り組み。
歴史を知り、現在の身の回りにあるものを、よーく観察し、今後の自分の行動に結びつけて行くのが目的だ。

ずんずん進む、ページが。

また来週からも、ここにしばらく通いそうだ。






日記)コミュニケーターとしての仕事

寝落ちしていたので、昨日の備忘録を、、、
コミュニケーターとしての仕事。 イベントを企画し、必要な人材をつないで行くコミュニケーションの仕事をしている。 定期的に仕事が入ってくる事が難しいけれど、今は会社として他の業務があるから、 なんとかいける。
昨日もその仕事で奔走した。 まずは渋谷芸術祭(10/27、28予定)の企業協賛のお願いに某飲料メーカーへ。
イベントの思いを正直に伝えるとみちが開けた気がした。
いろいろなテーマの商品を持っている会社だったので、実現がより現実的に感じ、 実際に今回の芸術祭は一緒にやれそうだ。
そのご、今月末の仕事の下見、これもイベント企画制作の仕事だ、 ディレクターとしてイベントを進行して行く仕事なので、会場、商品、を下見してからの本番という事になる。今回の商品は洋服、今日はファッションショーの会場へ。 お客さんに押されながら、最後までチェックして、本番の状態をイメージするソースへと変換して行く。こちらも無事に終了。
とちゅう、M Art spaceの企画で必要な知識の収穫に図書館へ。 ここは時間的に滞在時間が短く、場所と在庫の確認を終了。 多分来週はここに通い詰めとなりそうだ、、、わくわく。
そして、夜は、M代官山でパタゴニカのDJコンテスト、主催はエミリー(http://iflyer.tv/parties4peaceEmilie/)さん。 ここは信頼できるソルジャーたちが切り盛りする。 http://iflyer.tv/m-event-bar/ 現在はこんな感じの箱。

日記)相乗効果は、+にも−にも働く

朝から起きてシャワー、午前中はメールの処理で過ごし、映像会社の友人とランチミーティング。
久しぶりに会った彼は、相変わらず活気にあふれていて、僕も毎日を楽しんで行き続けていると自負しているにもかかわらず、彼を見ていると、そんな僕よりももっともっともっと楽しんで日々を送っている様に感じ、こちらもそれではと、こっちはもっともっともっともっともっともっと楽しく過ごしていると報告をする。 すると、こりゃあお互い楽しいなという事で、代官山の駅前のSASAのベーコンチーズバーガーはいつもよりもっともっと美味しくなる。
+の相乗効果とはこういう事を言うんだなと、実感してしまった。

午後は新規の企画の作成。するするとすすめていると、夕方に急に話したい事があると連絡が。 氣分とスケジュール的に難しいので、一度は断ったが、相手が今日の午後に急にでも話したそうだったので、渋々電話で話す事に。 電話で話しだした友人は、ランチの彼とはまた別のベクトルで、自分と僕の話しをする。 過去の自分達をみてみろ、そして今の自分たちをみてみろという。
駄目だ駄目だ駄目だというから、僕はそんな言い方は駄目だ駄目だ駄目だという。 そして、彼は、これでもかと自分の意見をぼくに押し付けてくる。 もちろん彼がそう思うのは良いし、それを伝える事もかまわない、しかし、当然僕にとっては、緊急性も無く、かつ僕の思考を邪魔してくるので、氣が悪くなる。 そうすると、どうだ、さっきまで組み上がりそうだった企画のながれがくずれ、飲んでいるコーヒーがどこか酸化してまずく感じて、実際に飲めなくなる、おまけに鼻もつまりだした。。。
そうか、−にも相乗効果が働く事があるんだなと、これまた実感してしまった。
−の動きには反応をせず、取り組まず。 +の動きには打てば響く鐘の様に、+を加えて行きましょう。

日記)倉庫を整理整頓したら、頭の中身も整理整頓されました。

今日は会社の店舗の倉庫の整理。物を整理する作業は僕にとっては自分の頭を整理する作業とも言える。

必ずできる断捨離BASIC (マガジンハウスムック)


少しずついらない物を外して、必要な物を必要な場所へ移動する。 たまったホコリを掃き出し、ゴミを捨てる。 最後にお清めのために水を撒き、必要があれば拭き上げる。 時間をかけてそうこうしているうちに、自分の思考も整理されて行く。
良い判断をしたいときに、視界に入るもの、身の回りの環境が、散らかっていると、どうしても思考に影響をおよぼす。 すっきりとした環境を整えれば、まさに心身ともに清くなり良い思考をもとに、良い判断ができ、結果良い行動が出来るのだと思う。
日々の仕事に翻弄されない様に、整理整頓を心がけて行かねばと、改めて感じた今日の宵の口でした。

昼は友人の撮影の手伝いで、三宿までいきお礼にランチをごちそうになった^^ おいしいご飯もたべれて、同じ様に手伝いにきていた人と、新しい出会いがあって、 その友人も喜んで、結果最高。 今日も良かったな。

心もとない仲間

今朝は遅めの起床。 寝すぎた訳ではなく、昨日に起き過ぎたが故です。
今日は打ち合わせ三昧だった、昼、夕方、日の入り、宵の口、夜、と5つのミーティングを終わらせてこのブログを書いている今はTen to two,,,2時前10分である。 代官山のうちの店のアート部門と、飲食部門のてこ入れをするために、現在は様々な人と話しをしたい時期の僕はどこにでも足を運ぶ。
久しぶりに会う人、常に会っている人、またネット上で頻繁に情報交換はしているが実際にはあまり会っていない人、それぞれの関係は違えど、言う事はやはり似ている。 言う事とは、僕が聞く事へのリアクションである。
やはり人間は、ある意味一つにつながっていると言えるのではないか、、、、 そして、大きな河の流れに逆らえない様に、産まれてきた人が死んで行く様に、時間の流れには人は逆らえないのではなかろうかという事にたどり着く。
今日も坂口恭平さんの著書を読んでいる。 「創造の定義」という項目があって、そこにはこう記されている。
「人生はやりなおしがきなないと僕はおもう」
ぼくもどちらかというと同じ考え方だ。 過ぎて行った事実は帰る事は出来ない。 今を親権に生きる事が出来ない。 同じ事でも、10年前にやる事と、今やる事では、まったく価値も意味も違ってくる。
つまり今は一つしかないということ、その今出来る事は一つしかないということ。 やり直し」という意味で言うと、また別の時間軸で同じ内容を行う事は可能だけど、 それでは既に時間軸が違ってきている。
みんなもわかると思うけど、 ”今”なにかをする事と、みんなが”30年後”に何かをする事では、 その何かが何であろうとも、決して同じではない。
今何をするかは、自分にとって大きな意味を持つ。
逃げたいやつは逃げて、歩きたいやつは歩いて進めばそれで良い。
この話しは僕の好きな五木寛之さんの”大河の一滴”にもつうずること。 気になる人は是非読んでもらいたいです。

第二言語としての英語

三茶のMOSバーガーでいつものレッスン
僕は毎週1回から2回の午前中に、”英語素養再構築セミナー”を受けている。 そこでは、基礎の基礎から、それこそ目の細かい網で川底をすくう様に、 頭の中にある、”僕にとっての英語”をいろんな角度から光をあて、その全体像を 事細かに確認し、その細部の無駄をそぎ落とし、必要な部分に肉付けをして行く。 それこそ、これに取り組む僕は情熱的で、先日岡本太郎美術館で見た、彼の生前の映像の様に、荒々しく自分の作品を切り刻み、肉付けし、その完成系に導いている。 そうして近い未来に”第二言語としての英語”を再構築して、その確認のために、英検の2旧程度はとっておこうと思っている。(何でも良いんだが、英検は資格に期限がないと聞いて、今は英検を選んでいる。)
繰り返し調整して良い形へと導いて行く。 先生の山田くんはまさに僕の恩師です。

餅つき

早朝から三軒茶屋の友人へ車を借り、つくば市へ。

土浦日大付属高校の文化祭でのチャリティー参加をする方々(PTAの方々)が、
その予行練習をかねた懇親会を行うので、そのお手伝いをしてきました。
微力ではあるが参加し、無事に予行練習はおわりました。
そのときの様子はこんな感じ
http://instagr.am/p/LZffGaJQKG/?fb_source=hovercard

僕は少し仮眠をし、東京への帰路に着く。

共に参加したみんなと食事をし、心地よい時間を過ごせた。
明日も過密な一日になりそうなので(このような予定は未定だか)スケジュールを整理して、早目の就寝です。



独立国家のつくりかた

ピックアップ
今朝はいつもより早く起きて近所を散歩、朝スタバへ行って読書をする。
先日、土曜社の豊田さんから「この著者しらないんですか?とってもおもしろいんです!」といってパワープッシュしてもらった書籍を購入していたのでそれをしばらく読みふける。
とてもおもしろく、同年輩にこんな人がいるものなのかと、感動してしまった。
「独立国家のつくりかた/坂口恭平著」
是非みなさんも読んで発見をしてみてください。







その他
朝食後は最近のお決まりで、人に会いにいった、今日は東京生活を始めた頃からの友人。
最近仕事がない!が口癖なので、どうしたものかとお邪魔したら、どうやらタイミングよくいくつかの仕事が急に舞い込んできたと忙しくしていた。
わざわざ行った手前すぐに帰るのもなんなので、彼の好物の魚肉ソーセージを拝借して、いれてもらったコーヒーを飲んで自宅へ。

僕の方はそのタイミングで、いくつかの面倒なメールや電話が殺到した。
多方面の面倒な処理に思考回路をフル稼働させて、無事にすべてが終わったのは夕方の5時だった。
そのご、Hors Pistes Tokyo 2012(オールピスト東京2012)というアートイベントのオープニングへ。こちらは僕のビジネスパートナーのJulienがディレクターとして参加しているイベントです。
しかし、個人ではなく法人で参加をしているので、ある意味僕の会社も主催側という事なのでなんだか変な感じ。
その後のアフターパーティはうちの店で開催し、そちらも無事にすばらしい映像と光のインスタレーションが行われていました。

今日は、もう疲れているので、一度寝るために、時系列に見直しもせずに、指を走らせました。

二時間後には起床して、茨城へ向かいます。

引っ張り愛

昨夜はパブリックでもプライベートでもネガティブに引かれている日だった、
株に僕の心の起伏を例えると、日経平均株価が下落して終値をつけた感じ、また寄り付きからも下降気味の値動きだ。



僕に限らず、人は、その環境に影響されやすい性質を持っている、善くも悪くも、環境と自分の引っ張り合い、押し合いが存在する。
例を上げると

1、パートナーと自分との引っ張り合いで自分が成り立つ。
2、パブリックのパートナーとも、プライベートのパートナーでも、ともに時間を過ごす事を、お互いで認め合った間柄という事においては同じである。
3、その人ががネガティブに存在するか、ポジティブに存在するか、(また、ネガティブやポジティブを持ってくるか)が自分の心に+か−かの影響を与える。
4、意識的になのか、無意識的になのかは、どちらでもかまわないが、どちらかの形が存在する。(どちらかというと無意識的な方が、改善が難しい。)

以上
昨日は朝からポジティブに引っ張られ、ランチでポジティブに、夕方にポジティブ、早夜にポジティブ、夜にネガティブ、深夜にネガティブに引かれて、現在その影響で、下降気味のコンディションである。
僕がこのネガティブ影響を回復するには、散歩と掃除と読書である。

昨日帰宅後寝落ちしてたので、早朝から、日記の替わりに、感情寄りの記憶をメモをしました。

さあ、散歩も済んで、頭の掃除もすんだので、氣を取り直して、朝バックします!

きみの行く道 ドクター・スース/Oh, the Places You'll Go! Dr.Seuss

僕には僕の行く道が、
そしてみんなにはみんなの行く道があるもんです。

アパレル会社の展示会をうちの店で開催し、今日が最終日。

BARカウンター越しに、お客様をもてなす行為は、展示会においてはまれで、新鮮に感じました。
その活気にあふれる雰囲気は、さながら夏祭りの屋台のよう!
代官山の展示会場(イベントスペース)として多くの人に来てもらえる、
このお店をこれからも続けて行きたいと感じました。

お店も一服したので、スタッフにあとはお任せして、
招待を受けていた、友人の壮行会へ行きました。
行くと忙しい店内、、、人気者の友人には、
自宅の本棚から一冊抜き取った僕のスペシャルをプレゼントして、
挨拶程度で早々に帰路につきます。。氣にいってもらえると良いが。


このスペシャルというのは、絵本。
作家はドクター・スース。

彼は僕の好きな絵本作家の一人。
彼の作品を読んでいると、心の奥にある自分を再認識する様な氣がします。
絵本は好きです、絶対にいずれ、ぼくもこのような良い絵本を書きます。
そのときはみんな読んでくださいね^^

きみの行く道