スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2010の投稿を表示しています

言葉の限界と弊害

文章での伝える言葉や文字、数字。また会話での伝え方、身振り手振り付きなのか、電話での言葉のやり取りなのか。
これらのシチュエーションの違いによって、伝え側も受け手側も認識しておかなければならない事が多くあります。
学校教育では教えてくれない事の一つでこれから多くのひとが知っておく必要がある事の一つだと感じます。


これは宋さんのブログから。
去年の秋くらいかな、、、それも忘れたけど、アップし忘れた記事。
http://www.soubunshu.com/article/167468731.html


nori yoneda
22/Feb/2011 From NYC47

山田君の活動のシェアの報告

先日お伝えしたブログの記事の、その後です。
先日の記事 http://thepower-yone.blogspot.com/2010/10/blog-post_18.html
オグとタツヤからのメールで知りましたので、みんなにもシェアをします。

良い顔で食事をとってるのをみてほっとした〜。

N.Yoneda

以下転送です。




10月15日から、山口県上関原発予定地の埋め立てを始めようと集まった3つの台船が、昨日の午後無事に全部帰りました。
台船が帰るまでハンガーストライキをしようということだったので、ここで終わることにします。
ほんとうにたくさんの応援、賛同の声を寄せていただいて、ありがとうございました。
みんなの声が、思いが届いたのだと思います。
ありがとうございます。
10日間の断食を終えて、みんなで昨日はうどんパーティーをしました!
食べ物って、本当にありがたい。
昨日のハンガーストライキ明けの報告はブログに載せています。
http://blog.7gwalk.org/?day=20101026
ハンガーストライキは終わりますが、上関の問題もこれからが大切です。
何が問題なのか、どんな世界を私たちは選んでいきたいのか、今回できたつながりを大切に、もっと輪をひろげていきたいです。
そして、COP10は29日まで開催されており、条約が締結される閣僚会議は28日にあります。
その場にいなくても、環境のこと、今まで知らなかった現実を学んだり、考えたり、祈ったり、つながり方はいろいろあります。
この機会に、地球を一番に考えて行動していこうという思いをつなげていきましょう。
ありがとう。

Tetsuro Kato

加藤哲朗さんのイベント/明日のM 代官山

本日の一本

ビタミンウォーター
最近はよくみるようになったなー。
さ、仕事しよう。。。

サイトhttp://glaceau.jp/

Carlos Ninoとツーショット

Thank you for coming!
http://dublab.com/labrats/carlos-nino/

N Yoneda x Carlos Nino

山田君の活動のシェア

電源開発は、”国民の暮らしのために必要な電気を作る”という目的のもと、大きな経済効果を産み出し、それと共に多くの環境へのダメージを残すものだと思います。
とりあえず現段階での僕のジャッジは”必要ではない”ので作らないでいいと思う。
必要になるときは、電気が不足し、不具合がおき、国民が無駄を省く努力をした後、”やっぱり足りないよね!”となったころなのかなと思います。

僕らのCAMPSで知り合った仲間の山田君が遠くで動いてます。
支えるために以下の声明文をシェアします!

N.Yoneda


以下声明文

2010年10月16日
7 Generations walk 代表 山田俊尚
天台宗牛宝山最勝寺 元住職 
僧侶 声明文
山口県上関町田ノ浦原子力発電所予定地の埋め立て工事の一時停止を求めます。
要求が受け入れられるよう、ハンガーストライキ(断食、断水)をします。

Statement We ask to stop reclamation work of ocean in Tanoura, Kaminoseki-cho, Yamaguchi prefecture, the planned site of the Kaminoseki new clear power plant. Until the demands were met, we launch a hunger strike.

2010年10月15日早朝から山口県上関町田ノ浦原子力発電所建設予定地に海を埋め立てるための台船が集結し、工事がまさに始められようとしています。
私たち7 Generations walkは、2010年8月25日山口県上関町祝島を出発地とし、COP10の開催される名古屋まで1カ月半かけて歩いてきました。 上関町の海は本当に美しく、生物多様性の宝庫で、瀬戸内海で手つかずの自然が残された最後の砦です。
この場所を開発するかしないかは、自然への影響を考えれば上関町だけの問題ではなく瀬戸内海を繋ぐ他県、ひいては日本全体の問題です。
28年前から反対運動は継続しており、約86万人近くの署名も集まっています。
歩いて来て、多くの方と接して感じるのは、一般の方々にこの大きな問題があまりにも知らされていないということです。

原子力発電所を建てる上での、メリット、デメリットをきちんと伝えない…

食/Bagna càuda(バーニャカウダ)

バイク/FORZA X

こういうのがあると行動範囲が広がります。

赤ちゃん(太一)/妹夫婦

おめでとう!

服部牧場/下見

N.Yoneda

千本鳥居/修復